中国「五毛党」とは?ツイッターやyoutubeで世論を操作する集団

ニュース
スポンサーリンク

中国の「五毛党(ごもうとう)」が日本で再活動しているようです。

五毛党とは、分かりやすく言うなら「中国政府を祭り上げるコメントをするアルバイト」です。

日本ではツイッター、フェイスブック、youtube、ヤフコメ、5ch(旧2ch)などのSNSに生息し、それっぽいコメントを投稿して「中国は悪くないじゃん」と世論操作に励んでます。

コメントを一つ投稿すると5毛(0.5人民元)の報酬が政府から貰えることから「五毛党」と名付けられました。

「中国共産党が世界を支配すれば幸せ」というような誰が見ても五毛党と分かるコメントもあれば、

「ツイッターを見ていれば分かるけどトランプは習近平を嫌っていない」「二人は裏で繋がっている」など、絶妙なデマを投稿する優秀な五毛党もいます。

ここ数年では「安倍首相を支持」と保守を装って巧みに中国政府を正当化するのが流行りのようです。

それらしい事をれっぽく語りますが最終的には「中国政府は正しい」になるので「ああ、五毛党だったのか」とズッコケることが何度もありました。

昔、お目当ての女の子が参加する合コンで「俺を褒めたら100円あげる」と言ってた佐々木くんから5,000円巻き上げた僕も広義の意味では「五毛党」でしょうか。佐々木くんはダメでした。

今回はそんな「五毛党」について探りを入れていきます。

※今回の記事は中国共産党関係者および五毛党のアクセスを防ぐために「六四天安門事件」というキーワードが散りばめてあります。
スポンサーリンク

五毛党とは中国政府のプロパガンダ集団

五毛党とは中国共産党配下の「インターネット世論誘導集団」を指す中国のネットスラングです。公募時の正式名は網絡評論員(インターネット評論家)

近い言葉では「ネット工作員」「コメントバイト」などがあります。

2005年に五毛党の求人が確認されおり、コメントを1つ投稿すると5毛(0.5人民元)が支払われることから、皮肉を込めて「五毛党」と名付けられました。

5毛は日本円にすると約8円。現代の日本でも「組み立て1個8円」の内職求人がありますので、当時の(しかも中国の)物価を考慮したら悪くない報酬だと思います。

中国の地方では年収100万円に満たない地域がざらにあり、仮に100万円稼ぐとしたら1日90回の投稿で達成します。

五毛党の正体とは

中国共産党配下の五毛党は想像よりホワイトな環境にあるように思えます。求人には応募が殺到したのではないでしょうか。

これまで五毛党は政府に雇われて小金稼ぎをしている一般市民だと言われてきたが、実はほぼ全員が政府機関に所属する公務員であり、例えば税務署や人的資源部門、司法関係といった職員だったことも明らかになった。やらせ書き込み年間4億件超

なんとビックリ。

「五毛党」の多くは公務員の副業だったようです。

2016年以前のことですので今は状況が変化している可能性もあります。

報酬も5毛から8毛になったとか言われてまし、現場を指示するリーダーの講習会を取材した映像も残っています(youtube

五毛党の活動内容

五毛党の活動内容は国内の内乱を防ぐことが目的とされていました。

中国政府への不満を反らし、六四天安門事件のような運動をさせないように国内の世論を誘導するのです。

海外向けには中国政府のプロパガンダ。つまり中国共産党をよいしょして「中国は正義」という思想を広めること。

国際社会から孤立することは内乱の火種にもなり得るので、結局のところ中国は六四天安門事件を恐れていると思いますが。

また、五毛党は中国政府にとって都合が悪い事件が起きると一斉に活動を開始すると言われています。

例えば「香港民主化運動」に関するコメントには五毛党と思われる投稿を多く見る機会がありました。

  • 香港の民主化運動は暴力デモだ(香港非難)
  • よって香港保安法は正しい(中共支持)
  • 香港は中央政府に保護された(中共支持)
  • 周庭は中共のスパイ(香港非難)

いずれかが投稿されていたら五毛党だ!という単純なものではありませんが、習近平政権を擁護するようなコメントを発信するアカウントは毛の臭いがします。

過去に記事にした「中国の垢バン祭り」も五毛党による活動拡大が原因だったと言われています。

中国政府の垢バン祭り「ツイッターとフェイスブックで情報操作」#香港デモ
ツイッターを使った世論操作を試みた中国政府関係者のアカウント20万件が停止したニュースについて書いてます。

五毛党の日本での活動

上の図は日本のgoogleで「五毛党」と検索された動向。「五毛党とはなんぞや?」と検索して調べるとグラフが伸びる仕組みです。

「五毛党」が”いつ””どれだけ”話題になったか、例えば日本で「五毛党」が認知されたのは2008年3月から、ということが読み取れます。

注目したいのは2019年中頃。

それまで隔月だった「五毛党」の検索が毎月コンスタントにアクセスされるようになりました。

香港の逃亡犯条例改定に抗議する大規模デモが、日本で大々的に取り上げられた時期と一致します。

香港デモの起きた理由は?逃亡犯条例とは?原因を分かりやすく簡単にまとめるよ
逃亡犯条例改正案が発端になった香港の大規模デモを分かりやすく説明しています。

五毛党が無理筋論で中国政府を庇うコメントを投稿すると、トレンドが反応してしまう仕組みです。

それまで一定だった「五毛党」の動きが香港デモをきっかけに慌ただしくなり、2020年2月新型コロナ騒動で一気にグラフが伸びています。

習近平の国賓来日も関係しているでしょうね。国賓来日は中国政府の正当性を国内外にアピールする大チャンス。五毛党だけでなく二階・石破も動いているようですし。

6月は三峡ダムの件も追加されたので、今の五毛党は相当忙しいと思います。激務のあまりハゲたら無毛党なんつって。

三峡ダムが決壊すると中国が崩壊して日本にどんな影響が出るのか?
2020年の6月から続く長い豪雨により、中国・重慶市の水害がいよいよ本格的にヤバいことになっています。 中国の洪水災害は度々耳にしますが、今年は特に被害が大きい模様。 特に重慶市のある南西部。中国当局は「80年に一度の規模の大洪...

日本人の五毛党はいるのか?

日本のインターネット上(妙な表現)で活動する五毛党は日本語でコメントを投稿しています。

そのため五毛党のコメントは「変な日本語」で投稿されるケースが多く、漢字が中国語だったり「てにをは」が間違っていたり、割と簡単に見分けることができます。

中には流暢な日本語で投稿しているアカウントもあります。難しい日本語を相当勉強したのでしょう。

中には日本人もいるのでは?と考えましたが、五毛党とは中国政府に雇われたネット工作員のこと。日本人が1コメ5毛の成果報酬で呟いているとは考えにくいです。

「アベガー」の人達は広義の意味では五毛党ですが、厳密には別の親中組織に属している日本人の左派連中ですね。こっちはこっちでまた厄介です。

区分けが面倒なら五毛党でまとめちゃっても問題ないと思います👍

韓国にはVANKがある

ついでに書いておきます。韓国には中国の五毛党と似た「VANK」という組織が存在します。

元々は韓国をインターネット上でアピールすることが目的として設立されましたが、いつの間にか反日工作部に成り下がってます。

具体的には、日本海と名の付いた地図を非難、旭日模様を使った海外の有名人や施設を非難する反日ロビー活動です。

韓国では反日運動を行うことが政権を維持することに直結するので、根幹は中国の五毛党と同じ存在だと言えます。

もちろん韓国のインターネット上にも本場中国の五毛党はいますし、日本と同様に保守層から煙たがられているようです。

中国の五毛党まとめ

五毛党の活動は今後より拡大されていくと予想されます。

  • 香港保安法→㊄中国政府は正しい
  • 習近平の国賓来日→㊄中止は無礼だ
  • 三峡ダム→㊄決壊はしない
  • ウイグル・チベット→㊄中国政府は正しい
  • ファーウェイ→㊄排除するべきではない
  • TikTok→㊄中国共産党とは無関係

近々では上記の6項目が五毛党のお仕事になると思います。

特にウイグル・チベット問題は中国が大好きな人権問題ですので、五毛党も力が入るんじゃないでしょうか。一元(十毛)党に昇格するかもしれません。

五毛党に絡まれたら

五毛党はフォロワーの多い影響力のあるインフルエンサーにしか絡んできませんが、万が一五毛党に遭遇したら「六四天安門事件」と呟きましょう。

「六四天安門事件」は中国にとって最もタブーとされるキーワードで、最も効果的な魔よけの呪文です。

「ところで六四天安門事件ってどう思う?」

中国共産党の配下にある五毛党は、下手な回答をして上層部に叱られるより逃げる方を選択します。

あなたのフォローしている保守系のアカウントは、ひょっとしたら五毛党かもしれません(タモさん風)

コメント

タイトルとURLをコピーしました