三峡ダムが決壊すると中国が崩壊して日本にどんな影響が出るのか?

ニュース
スポンサーリンク

2020年の6月から続く長い豪雨により、中国・重慶市の水害がいよいよ本格的にヤバいことになっています。

中国の洪水災害は度々耳にしますが、今年は特に被害が大きい模様。

特に重慶市のある南西部。中国当局は「80年に一度の規模の大洪水」と警告を出しているくらい既に悲惨な状況です。

懸念されているのが、重慶市を流れる長江の下流にある三峡ダム。総貯水量は393億トンで世界的に見ればまだ上には上がいるレベルのダムですが水力発電ダムとしては世界最大。

この三峡ダムが決壊すると300億トンの津波が発生し、下流にある都市を飲み込み、被災者の数は4億人とか6億人とか言われてます。

どんぶり勘定も過ぎる数字だと思いましたが、長江に隣接する重慶・武漢・南京・上海にまで被害が拡大するので割と現実的な予測値です。

水害の怖さは日本人なら想像できますね。

また、重金属に汚染された土砂がそのまま日本海に流れ込む恐れがあるので日本も無関係ではありません。

漁業関係者とか。特に九州西部の海が危険だとか。

今年はちびっ子達の海デビューを考えていただけに個人的にも対岸の火事ではありません(←九州西部在住)

ということで三峡ダム決壊がどれだけヤバいのか調べてみました。

スポンサーリンク

三峡ダム決壊の危機2020

2020年6月、三峡ダム上流の重慶市で1940年以来最大の洪水が発生し、最高水位が10~20メートルに達しました。

中国南部の豪雨は毎年のことですが、2020年は5月末から続く集中豪雨は80年に1度のレベルだそうです。

6月13日の時点で多くの河川の氾濫が相次ぎ、道路や家屋、農作物に深刻な被害をもたらしています。

また重慶市の南に隣接する貴州省では洪水により少なくとも6つの県が冠水。三峡ダムでこっそり放水が行われている様子も撮影されています。

三峡ダムの場所(地図)

出典:google

三峡ダムは重慶市を流れる長江の下流に位置しています。

重慶市はどの省でもなく中国の直轄市。北京市、上海市、天津市と並ぶ一級行政区画です。

さらに下流には新型コロナで一役有名になった武漢の名前も。

そして中国四大古都の一つ南京に続いて、長江の河口には中国最大の商工業都市である上海。

いずれも人口1000万人を超すメガシティです。また長江沿岸には地図に載らないような小さな村が無数に存在しています。

三峡ダム決壊のハザードマップ

ハザードマップ(出典:google)

ハザードマップ広範囲過ぎ。

上海の電力の多くを三峡ダムに頼っていることを考慮しても、三峡ダムの存在はかなりリスキーだと分かります。

三峡ダムが決壊すると中国の国土の4分の1が水没、6億人の被災者を出し、70万人の命が奪われる最悪なケースも想定されています。

そうならないように三峡ダムを放水しているわけですが、そうなると悲惨なのは下流にある都市。洪水被害が拡大しています。

三峡ダムのある湖北省宜昌市は広範囲に水没していますね。

そして6月29日、続く豪雨により武漢市もこの有様。被害は下流へと拡大する一方です。

三峡ダムの上流にも多くのダムがある

重慶市よりもっと上流にあるダムも限界を迎えている模様。上流にはかなりの数のダムがあるそうですが。。。

上流域にある四川省丹巴のダムが決壊し、村が一つ潰れた様子もネットユーザにより撮影されています。

つまり、三峡ダムは上も下も洪水だらけ。

三峡ダムと原発問題

東シナ海の中国大陸沿岸には原発が多く設置されているとのこと。

東日本大震災と同列に語れませんが「水害+原発」のコンボは嫌なことを思い出させます。

上海に一番近い原発でさえ長江の河口とは結構な距離があるので大丈夫だと思います。

でも埋めたら無かったことになる中国ですからね。うん大丈夫。

三峡ダム決壊はデマ説

「三峡ダムの決壊はデマである」という書き込みを多く見かけました(※五毛っぽいのも多いのでリンクは張りません)

まずは2019年に話題になったGoogleマップによる三峡ダムの歪み画像。三峡ダムは決壊するのでは?と一部で炎上した件。

出典:google

歪み過ぎで草。ふにゃふにゃしてて大草原。試しに自分でも調べてみます。

出典:google

特に目立つ歪みは見つかりませんでした。ひょっとしたらgoogleアース?微妙に解像度も違う気がします。

デマというより画像の歪みが原因じゃないでしょうか。

個人的にも「今回の豪雨で必ず決壊する!」と言い切るのはさすがに無いと思いますし、決壊しないように願っています。

ですが、

  • 三峡ダムが完成してから最大の豪雨が続いている
  • 既に幾つもの河川が氾濫し村が流されている
  • 三峡ダムは決壊しないように放水をしている
  • そのせいで下流の都市や村の洪水被害が拡大している
  • 三峡ダムの寿命はいつか必ずくる

これらはデマではありません。

そして三峡ダムは、多くの批判を集めたものの中国共産党が強行して建設した過去があり、微弱性も指摘されています。

三峡ダムの問題点

常に話題を欠かせない中国の「三峡ダム」は、一体どんなダムなのか?少しおさらいしていみます。

中国の三峡ダムは湖北省宜昌市に作られた重力式コンクリートダム。

重力式コンクリートダム自体珍しいものではなく、日本にあるダムの多くはこの重力式コンクリート式です。

出典:wiki

重力式コンクリートダムの特徴
  • 基礎地盤に適度な強度があれば建設可能
  • ダムとしては最も頑丈な型式
  • 地震・洪水に強い
  • 大量のコンクリートを使用する
  • そのため工期が長い

三峡ダムは水力発電ダムとしては世界最大ですが、重力式コンクリートダムとしては驚くほど大きい!という程ではありません。

また三峡ダムは1993年に着工して2009年に完成されました。

割と最近です。構想自体は約100年前の1919年、国民党の創始者である孫文によるものです。

戦争やら内戦やら革命やら反対運動やらで伸び伸びになり、最終的に反対派を押し切って強行したのが李鵬という人物です。

李鵬さんはあの天安門事件を武力で鎮圧させた主導者。

「北京の虐殺者」という二つ名を持つ彼は、事件後「発電、南水北調、水運、地域発展、洪水防止」と三峡ダムの必要性を掲げ三峡プロジェクトを推進します。

これがフタを開けてみると賄賂・横領の数々。李鵬にいたっては家族に電力会社関係者が多く、電力事業を独占している始末。

さすがです中国父さん。

三峡ダムの微弱性

反対意見を得意の言論弾圧で封殺し、1993年から着工を始めた三峡ダム。

その建築途中に80カ所以上のひび割れ、地盤の変形などが合計5286カ所見つかったほか、ダムの構造物や防水壁にも約1万カ所の亀裂が発見されています。

それでも突貫工事で修理を急ぎ、予定通り2009年に完成した経緯があります。

誰も責任を取りたくないのかは分かりませんが、2006年5月20日に行われたダムの完工式に最高指導部は一人として出席していません。

「百年の大計」規模の国策事業の節目において最高指導部が欠席することは異例中の異例です。

そして三峡プロジェクトを強行した李鵬は2019年に死去しており、現在は三峡ダムの責任者が不在です(←一番驚くところ)

三峡ダムは中国のアキレス腱

また三峡ダムは自然災害による決壊の他、有事の際のアキレス腱になるとの指摘もあります。

中国の軍事情報サイト「捷訊網」は、米国や台湾と戦争の事態になった場合、三峡ダムがミサイル攻撃を受け破壊された場合には、戦争に必要な軍部隊も水に飲まれ、民間人の被害は数億人にのぼると紹介した。攻撃されたら万事休す

台湾から攻撃することは無いでしょうが、自ら弱点を作るスタイル。

習近平ならきっと三峡ダムを作らなかったと思われます。

毛沢東でさえ調査はするものの「万里の長城を上回る大事業」として二の足を踏むレベル。

三峡ダム決壊のまとめ

文章が取っ散らかってしまったので最後に簡単にまとめると、

  • 三峡ダム付近は洪水が当たり前のように起きている
  • 2020年は80年に1度のレベルで雨量が多い
  • だが三峡ダムが今すぐ決壊するわけではない
  • だが欠陥ダムなので決壊の可能性はある
  • 決壊すると中国の4分の1が水没し6億人の被災者が出る
  • 万里の長城級の国家事業だが責任者がいない
  • そのため今後の対策が分からない

分かりやすくまとめたら三峡ダム付近の住人が可哀想になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました