転生したらスライムだった件が面白かった件

漫画

小説から始まり、漫画化・アニメ化された「転生したらスライムだった件」通称、転スラ。

異世界転生というジャンルの漫画は当たり外れが大きく、面白いと思ってもマンネリ化したり、好みもあるので避けていました。が、転スラは面白い。超面白い。是非読んでもらいたい。というお話しです。

あらすじ

通り魔に刺された主人公の三上悟。死の間際に考えていたことが原因で、スライムとして異世界に転生してしまう。

転スラ©伏瀬・川上泰樹/講談社

転生先の洞窟でさ迷っているうちに、勇者に封印されている暴風竜ヴェルドラと出会う。姿形とは相反してお茶目なヴェルドラと友達になってしまう。

転スラ©伏瀬・川上泰樹/講談社

友達の証として、三上悟はリムル=テンペストの名前を貰い、勇者に封印を解くための旅が始まる。

考え込んだ設定が面白い

舞台はいわゆるファンタジー。ゴブリンや鬼などの亜人や、魔王がいる世界。聞き慣れた魔物が出てくるのですんなり頭に入ってきます。

異世界から来た人間は主人公以外にも存在し、転生して生まれ変わる者もいるようですが、異世界からの転生者はリムルだけのようです。

異世界人は特別な力(スキル)を持っていたり、魔王と勇者、各国の関係など、細かいところまで良く考えられている作品です。

リムルのチートっぷりが爽快

日本の会社員だった記憶を残したまま魔物の中で最弱のスライムになってしまった主人公のリムル。

異世界転生の際に得たスキルと、洞窟で出会ったヴェルドラの加護を受けて、スライムなのにチートっぷりが爽快で面白い。

転スラ©伏瀬・川上泰樹/講談社

食べた相手のスキルを獲得できるスキル(捕食者)で物語が進むにつれ更に強くなっていきます。

人間の頃の記憶や持ち前の優しさで魔物に支持されたり、友達になったり、対立しても最終的には仲間になったり、魔物の主として君臨していく頼りになる主人公。この手の漫画に弱い。安心して読めます。

魅力的なキャラが勢ぞろい

リムルに助けられた者、倒された者、餌付けされた魔王。主人公を取り巻く濃いキャラ達が良い味を出しています。

転スラ©伏瀬・川上泰樹/講談社

魔物は強い者に服従しますが、彼らは強さだけでなくリムルの優しさや面倒見の良いところにゾッコン。心温まる絆を感じます。

個人的にホブゴブリンのリグルドが好き。

転スラ©伏瀬・川上泰樹/講談社

段々リアクションがオーバーになってきて面白いw。リムルのことを一番尊敬している仲間ではなかろうか。戦闘員ではありませんが、国をまとめる大事な役を持っています。

魔物や亜人だけでなく人間や魔王まで、リムルを通じた絆。笑いもあり何度も読み返してしまう漫画です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました