糸島産みかん「樗木泰子農園」が甘くて美味すぎる件

子育て
スポンサーリンク

みかんが美味しい季節になりました。

甘いのに低カロリー、栄養素も豊富で風邪予防にもなる日本の冬の代名詞「みかん」

正直なところ、小さい頃はみかんの事を「どうでも良い果物」と認識していました。

むしろ「食後のデザートはみかん」と聞いたらガッカリするような子供。

それが加齢による味覚の変化か、品種改良の恩恵か、ここ数年みかんにハマってます。

美味しいですよね、みかん。

糸島(福岡県)のみかんが美味しいだけなのかもしれませんが。

もちろん嫁さんもちびっ子達もドハマり。我が家はみかんブーム到来です。

ということで、今回は「子供がお菓子をねだったら、みかんを食べさせよう」のようなことを書いてます。

スポンサーリンク

甘くてもみかんは低カロリー

みかんは低カロリーとは聞いていましたが、なんとカットショートケーキの10分の1だそうです。(グラム当たり)

87%が水分なので重さがあっても低カロリー。

たべっ子どうぶつのファミリーパック(6袋入り)の1袋の3分の1程度。

子供にカロリー計算は要らないと思いますけど、腹持ちが(良い意味で)悪いので小腹が空いた時に食べさせると丁度良いです。

うっかり重たいお菓子を食べさせると、夕食を食べなかったりするからね。

栄養素は、風邪予防になるビタミン、抗菌作用のあるカロテンが豊富。

風邪が流行る時期が旬とは二度美味しい。

また、一般的な大きさのみかん2個食べれば成人に必要な1日のビタミンが取れてしまうそうです。

みかんを食べ過ぎると手が黄色くなるのは、余分なカロテンが汗から排出されているからとのこと。

最近、嫁さんの手が黄ばんでいるように見えてなりません🤔

【みかんの選び方】甘いのは小ぶりで柔らかい

甘くて美味しいみかんの選び方は、小さいものが良いと言われています。

個人的に付け足すとすれば、さらに皮の薄いもの。

皮の厚さは剥いてみないと分かりませんが、柔らかいみかんは得てして皮が薄い傾向にあります。

もう一つ、日照時間が長いと甘味が増すと言われています。

要するに、10月より11月、11月より12月というように出荷が遅いほど甘い。

今の時期の小さくて柔らかいみかんは非常に美味。

おすすめ「樗木泰子農園」のみかん

「小ぶりで柔らかく甘くて美味しい」に該当するのが、福岡県糸島市にある樗木泰子農園のみかん。

樗木泰子農園みかん

大きさは多分SSサイズでしょうか。大人だったら丸ごと一口で食べれるくらい。

名前は樗木(ちしゃき)と読みます。

大変珍しい苗字だと思いますが、糸島市のとある地域に多いようですね。

泰子は「やすこ」「たいこ」「ひろこ」と読み方は色々ありますが、我が家では敬意を込めて「やすこのみかん」と呼んでいます。

この「やすこのみかん」がヤバイ。

余りに美味しいので、長男坊は「やすこ食べたい」とせがみ、次男坊は「やすこーやすこー」と跳ね回ります。

やすこの存在感がヤバイ。

ちなみに、この樗木泰子農園のみかんは、ルミエール今宿店で売ってます。

ミエール今宿店は福岡市西区の人達が集まる激安ディスカウントショップ
今宿と言えばルミエール。庶民の味方激安スーパールミエールの紹介です。

糸島の農園なので伊都菜彩にもあると思います。

伊都菜彩は朝一で行かないとね
糸島の巨大道の駅「伊都菜彩」についてあれこれ書いています。

初めて買ったのは伊都菜彩だった気もします🤔

福岡県の西区、糸島市にお住まいの方は是非ご試食あれ。

*****

記事を書き終えてから読み直してみると、言いたいことは単に「やすこのみかんが美味い」だけですね。

宣伝でもなければ知り合いでもありません。

この際なので一言。樗木泰子農園さん、来年も美味しいみかんを(できればルミエールに)よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました