ETCコーポレートカードって凄い

未分類

数少ない僕の自慢できることの一つ。友達にとある組合の理事をしている人がいる、という他力本願な誇りがあります。向こうからしたら知り合い程度なんじゃないの?とか悲しいこと言わないでね。

その理事さんが教えてくれたのが「ETCコーポレートカード」という高速道路が割引きになるETCカード。

ETCコーポレートカードとは?

ETCカードの間にコーポレートの文字が挟んでありますね。コーポレート、つまり法人用のETCカードです。株式会社とか有限会社とかのコーポレート。

高速道路をたくさん使う会社は特別に割引しちゃうゾ♪という事業者救済システムを取り入れたETCカードです。

ETCコーポレートカード

見た目はカード会社の発行するETCカードと同じですが

高速道路の利用料が40%割引されるというシロモノ

なにこれ凄い。条件はいくつかあるけど40%って凄い。さすが理事が自慢げに教えてくれただけあります。

「ユーツのところって法人化してたっけ?」とか聞かれましたが、やっぱり知り合い程度の関係なのでしょうか。毎年年賀状を貰ってるのに。

申し込み条件

申し込みするにはいくつかの条件がありましたが、主に下記の2点をクリアすればほぼ審査が通るとのこと。

  1. 申し込みが法人で車が法人名義であること(法人化していない自営業・個人事業主でも可)
  2. ネクスコの管轄する高速道路で年間36万円以上の高速料金を使っていること

2つ目がちょっと厄介。月に3万円以上は分かりますが、ネクスコってなんぞや?初耳です。

日本道路公団が分割・民営化して発足した高速道路会社3社(NEXCO東日本・NEXCO中日本・NEXCO西日本)の総称。

なるほど。ネクスコは高速道路の民間会社のことですね。初年度から3社とも100億近い黒字を出したようです、わぉ。そういえば高速道路無料化とか一時期話題になりましたが、ETCコーポレートカードのような形で還元されているのでしょうか。分かりませんけど。

で、このネクスコの管轄というのがいわゆる高速自動車国道のことで、都市高速や東京の首都高速または阪神高速は管轄外です。

えええ!?都市高って首都高や阪神高速と同じ扱いなの!?まずそれで驚きましたが、理事に「そういうところだぞユーツ」と言われました。そういうところってどういうところでしょうか。

まぁ簡単に言うと、都市高速以外で年間36万円の高速代を使っていれば22万円になるということですね。(実際は複雑な計算式があって、もう少し高い高速代になります)

メリットとデメリット

メリットは大幅な割引。これ以外に何があるのって感じでしたが色々と説明されました。

何枚もカードを申し込んだ場合。全てのカードが一元管理され、かなり細かい明細が郵送されてくるとのこと。

「ユーツみたいな一人っ子法人には意味ないかガハハ」って確かに意味なしよく分かりませんが、多くの社用車を使っている会社にとっては経理業務が凄く楽になるようです。

あと、うっかり私用で使っても割引されるようです。まーゴルフなんて半分接待のようなもんですし。ついでに義実家のパソコンの調子を見に行くのだって仕事のようなもの。無報酬ですけど。ガハハ。

デメリットは、

申し込みがめっちゃ面倒臭い。

謄本やら車検証やら何かの証明書(忘れた)やら、書類を用意するのが面倒臭い。事務的な手続きが人一倍苦手な僕にはとにかく大変だった覚えがあります。1日中ちびっ子どもの相手をする方が楽かもしれない。

それと、ETCコーポレートカードを複数の車で使いまわしができないこと。2台の車で使いたいなら2枚のカードを申し込む必要があります。

カードは車1台につき1枚必要

うっかり別のカードを差し込んだら割引されないのでご注意を。申し込み条件の年間36万円も、2枚申し込んだら年間72万円が最低条件になるそうです。

まぁ僕のとこみたいなナンチャッテ一人っ子法人には関係ないですけどねガハハ。そういうとこだぞオレ。

申し込みはネットからもできる

仲の良い人には口頭で説明して紹介していましたが、ネットの窓口があるそうなのでそちらを紹介します。

ETCコーポレートカードのご紹介
高速道路の利用が最大40%割引になる「ETCコーポレートカード」の会員を募集するサイトです。

 

「年間36万円も使わなねーよ」とか「書類集めるの手伝ってくれない?」とか「社長が喜んでたっす」とか反響は様々。

でも、審査が通って実際使った人は必ず感謝されます。「浮いたお金で一杯奢るよ」とか言われますが、まだ1滴もご馳走になっていません。そういうとこだぞ君たち。ガハハ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました