【面白い漫画】BEASTARS(ビースターズ)がアニメ化もうすぐ

漫画

まるで人間の様な生活をする動物達を描いた「BEASTARS(ビースターズ)」が面白い。

草食動物と肉食動物の共存をテーマにした青春漫画で、異種間恋愛・友情、

そして差別など”人間臭い”描写が非常に上手く表現されています。

週刊少年チャンピオンで連載中の作品で、2019年10月からアニメ化も決定しました。

ジャンル的にはヒューマンドラマのようですが、動物なのにヒューマンとな🤔

内容的には青年漫画だけどギリギリ少年の範疇なのかな?という攻めた漫画で、

ダメな方に目覚めそうです。

今回はそんなおすすめ漫画「BEASTARS(ビースターズ)」の魅力を紹介します。

BEASTARS(ビースターズ)あらすじ

BEASTARS©板垣巴留/秋田書店

物語の舞台は名門チェリートン学園。

草食動物と肉食動物が共存する全寮制の学園で、動物達を統べる英雄「ビースター」を最も多く輩出するエリート学校。

演劇部に所属するアルパカのテムが何者かに食殺される「草食動物の食殺事件」から物語が始まります。

犯人は同じ演劇部の肉食動物らしい。

BEASTARS©板垣巴留/秋田書店

ハイイロオオカミの主人公「レゴシ」が犯人ぽい描写で描かれていますが、恐ろしい風貌とは裏腹に、感情表現が苦手なだけの心優しい青年。

BEASTARS©板垣巴留/秋田書店

BEASTARS©板垣巴留/秋田書店

でも怪し過ぎじゃない?

(レゴシが怪しく描かれているのは1話だけの演出なのでご安心を)

そんな彼を中心に、学園内でのトラブルや食肉問題や異種間差別など物語が進んでいきます。

非常に考え込まれた背景にぐいぐい惹きこまれます。

BEASTARS(ビースターズ)主な登場人物

レゴシ(ハイイロオオカミ)

BEASTARS©板垣巴留/秋田書店

肉食動物の中でも大型に分類されるイヌ科ハイイロオオカミが本作の主人公。

強靭な体と恐ろしい牙を持つのに内気で繊細な性格。あと昆虫が好き。

意思表示が苦手だけど無意識に尻尾で表現してしまうのは犬の習性。

当初はいわゆる思春期だったのでしょうか、物語が進むにつれ成長するレゴシの姿が読んでいて嬉しくなります。

自称”草食獣が好きなだけの変態オオカミ”

チェリートン学園2年生の演劇部美術チームに所属して、裏方として頑張ってます。

ハル(ネザーランドドワーフ)

BEASTARS©板垣巴留/秋田書店

主人公がオオカミならヒロインはウサギ。

ウサギ科の中でも小型種(ドワーフ)で、彼女にとってはコンプレックスの模様。

子供の様な身体に幼い声を持ち、しかし中身はとんでもビッチ

自分の気持ちや欲望に従って行動する「子供っぽい誠実さ」はレゴシとの共通点だそうです。

チェリートン学園3年生の園芸部部長(ただし部員は一匹)

ルイ(アカシカ)

BEASTARS©板垣巴留/秋田書店

草食動物でありながら、イケメン・金持ち・頭脳明晰と三拍子揃ったアカシカのオス。

レゴシとは正反対の存在でありながら、物語が進むと共に絆が深まっていく様は読んでいて楽しいです。

BEASTARS©板垣巴留/秋田書店

普段は格好良く隙を見せないルイがたまに見せる素の表情がたまらなく好き。

チェリートン学園3年生の演劇部役者長。

ゴウヒン(パンダ)

BEASTARS©板垣巴留/秋田書店

裏市に住む心療内科医でありレゴシの良き大人の理解者。

愛くるしいパンダなのに、中身はガサツなおっさんというギャップが面白い。

草食動物なので笹しか食べまぜんが、クマ科なので強くて頼りになる存在です。

闇市

病院や葬儀屋から違法に流れて来る”肉”が買える食肉街で、「大人の肉食動物」達の闇。本作の第二の舞台。

BEASTARS(ビースターズ)ここが面白い

BEASTARS(ビースターズ)の世界では、草食動物と肉食動物が共生していますが、平穏に見えているのは表面上だけ。

”強い物ほど差別を受けやすい”という闇があり、強者ゆえの悩みや異種間を超えた友情など、

難しいテーマの中でキャラクターの心理描写がをテンポ良く頭に入ってきます。

読み応えがあり満足感の高い漫画。

BEASTARS(ビースターズ)アニメ化

ビースターズのアニメは2019年10月9日スタート。

フジテレビの「+Ultra」にて毎週水曜日24時55分から放送されます。

youtubeに公式PVが公開されていて、

TVアニメ「BEASTARS」第3弾PV

完成度高くない?

PVだから?PVだから面白そうなの?

普段アニメは映画しか見ませんが、ビースターズのアニメは録画して見ると思います。

BEASTARS(ビースターズ)単行本最新刊は14巻

1~3巻の新歓公演アドラー編、3~6巻の隕石祭編、7~11巻の食殺事件編。

そして今現在(2019年9月)は、12巻から始まった壮獣ビースター編として14巻まで単行本が発売されています。

ほのぼのとした学園ドラマから一転、世界観が広がった今のビースター編が個人的には一番面白いと感じています。

15巻は10月8日発売予定。

テレビアニメ初公開の前日ですね。

楽しみです。

BEASTARS(ビースターズ)作者は板垣巴留

ビースターズの作者「板垣巴留」先生のデビュー作は、2016年に描いたビースターズと同じ擬人化漫画「ビーストコンプレックス」

また、ビースターズで数々の賞を受賞しています。

  • 2017年 『このマンガがすごい!2018』(宝島社)オトコ編 第2位
  • 2018年 第21回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞
  • 2018年 第11回マンガ大賞大賞
  • 2018年 第22回手塚治虫文化賞新生賞
  • 2018年 第42回講談社漫画賞少年部門

正体不明の板垣巴留先生

そして、絶対に素顔を明かさないことで有名。

人前に出てくる時は、本作のモブキャラで登場しますw

一説によると、「刃牙」シリーズを描いている板垣恵介先生の娘との噂もありますが、

苗字と週刊少年チャンピオンで連載という2つの共通点から予測されたもの。

公式な情報ではないようですね。

大きい方の板垣先生w

本当のところどうなのさ🤔

コメント

タイトルとURLをコピーしました