ETCコーポレートカードの協同組合を使うメリット・デメリット

節約・お金

協同組合に加入して発行するETCコーポレートについて。

ネクスコで直接発行するETCコーポレートと何が違うの?とか書いています。

双方のメリットやデメリットも分かりやすく説明するよ。

ETCコーポレートカードを簡単に説明すると

ETCコーポレートカードとは、大口・多頻度割引制度が使えるETCカードのこと。高速道路株式会社(ネクスコ)が発行しています。

大口・多頻度割引制度とか堅苦しい言い方を柔らかくすると、

高速道路を頻繁に使うお得意様にはめっちゃ割引をするよ!

いわばデパートの外商カードみたいなものです。

割引率は他のETCカードと比較しても断トツで一番お得です。

高速道路が出してるんだから当たり前だよね。

申込み方法は2通りあるよ

ETCコーポレートカードの申込み方法は2つあります。

ETC申込み方法
  • ネクスコに直接申込みをする
  • 協同組合に加入して申込みをする

組合とはなんじゃらほい?は後にして、お互いのメリットを抜粋すると

  • ネクスコ…個人で申し込みができる
  • 組合…保証金が不要、利用明細がまとまる

デメリットはメリットの逆と思ってくれればOKです。順を追って説明していきます。

申込みの審査基準は同じ

申込みの受け口は2通りあっても審査基準は同じです。

申込みの流れ

協同組合で加入するETCコーポレートカードも、結局は「審査・発行」はネクスコが行っています。

なので必要書類や審査基準は同じ。

申込みに関する条件や審査内容はテーマから逸れてしまうので、詳しく知りたい人はネクスコのHPで確認して下さい。

大口・多頻度割引 | NEXCO 西日本の高速道路・交通情報 渋滞・通行止め情報
NEXCO西日本,西日本高速道路,ETC・割引情報のご案内です。

ETCコーポレートカードの協同組合とは

共通する目的のために個人あるいは中小企業者等が集まり、組合員となって事業体を設立して共同で所有し、民主的な管理運営を行っていく非営利の相互扶助組織。連帯経済の主要な担い手である。wiki-協同組合-

ETCコーポレートカードの協同組合というのは、言葉は悪いけどカードを作りたい企業や個人事業主の集合体です。

ETCコーポレートカードに特化した協同組合。特化している分、様々な特典が用意されています。

保証金が不要な組合がある

組合に加入してETCコーポレートカードを発行する場合、保証金・金融機関の連帯保証人がいらない組合があります。

ETCコーポレートカードは高額な高速代を後払いする為、3ヶ月~4ヶ月分の保証金が必要になります。銀行に保証してもらったり。

ネクスコからすると当然の条件ですね。

そこで登場したのがETCコーポレートカード協同組合。組合が保証人になっていると思ってOKです。

ネクスコ「滞納があっても協同組合に請求すればいいだね」

となるわけです。実際、組合に入っている会社が倒産した場合、未納分は組合が負担します。

※未納分を他の組合員が負担することは無いのでご安心を。

保証金の有無、入会条件など組合によって違います。申込む前に確認して下さい。

利用明細、請求書が一元管理

もう一つ、協同組合に加入するメリット。協同組合が利用明細を整理して毎月郵送してくれます。

お役所的なネクスコでは対応してくれません。管轄の違う首都高速、都市高速、阪神高速など各高速道路バラバラに送ってきます。

本来バラバラの利用明細を1つにまとめ、更に支店ごとに送付、など細かい対応ができるのが組合のメリット。

経理担当が泣いて喜びます😂

ネクスコと組合はどっちがお得?

以上のことから、

個人で所持するならネクスコに直接。それ以外は協同組合に加入するのが賢い選択。

なお、個人でも「個人事業主」としてなら協同組合でも申込みができます。

個人でETCコーポレートカードが欲しいけど、協同組合に入りたいという人は相談してみると良いかも。

おすすめの協同組合はどこなの?

ETCコーポレートカードの協同組合は日本全国に沢山あります。

年会費や手数料、保証金の有無、高速料金の割引計算など組合によって違うので、加入する前に条件などは必ず確認しましょう。

ETCコーポレート協同組合を徹底比較!おすすめはテイ・ネットに決定
沢山あるETCコーポレートカードを取り扱う協同組合を比較しています。

協同組合で迷っている人の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました