ETCコーポレート協同組合を徹底比較!おすすめはテイ・ネットに決定

節約・お金

ETCコーポレートカードの協同組合を徹底的に比較検討して、おすすめの組合を調べてみました。

組合なんて一緒じゃないの?と蓋を開けてみたら、あらビックリ全然違う。

系列企業でも労働組合のルールは違いますからね、全く別の組織なら当然ちゃ当然でしたね。

今回の記事は

  • オススメのETCコーポレートカード協同組合
  • 協同組合の比較方法
  • 初期費用はどれくらい?

などを書いています。

組合のメリット・デメリットなど知りたい人は過去の記事を参考にどうぞ。

ETCコーポレートカードのメリット・デメリットを解説
ETCコーポレートカードは協同組合を経由した方がメリットがあるよ、みたいなことを書いています。

ETCコーポレートカード協同組合 比較結果

数ある協同組合の中から、ネット上で申込みが可能な組合をピックアップして比較しました。

(オフラインを含めると200を優に超えるそうですが手に余るので許して)

比較材料は主に3点。

  • 初期にかかる費用(保証金の有無など)
  • 組合加入出資金
  • その他の特記事項

各項目の詳細は下の方で説明します。

1番お得な協同組合はテイ・ネット物流事業協同組合

まずは結果から。

ETCコーポレートカードを申込むなら「テイ・ネット物流事業協同組合」が一番お得です。

初期費用として「カード発行手数料」と「カード取扱手数料」がそれぞれ629円かかりますが、この手数料はネクスコでカードを発行しても同額かかるもの。

※消費税増税で617円→629円にアップしています。

組合は申し込みを代理している立場なので手数料として多少の上乗せはあって当然かもしれませんがね。

また、ETCコーポレートカード最大の難点「4ヶ月分の保証金」がテイ・ネットでは不要。

送られてくる資料に返信用封筒も同封されているので、切手代など郵送料も一切かかりません。

まさに業界最安値。

ちなみに僕のETCコーポレートカードもテイ・ネットで申込んだもの。

幾つもの組合を調べて比較して悩んで加入しました。大手も加入している優良な組合です。

ETCコーポレートカード | ETC法人カードのご紹介
高速道路の利用が最大40%割引になる「ETCコーポレートカード」の会員を募集するサイトです。

ETCコーポレートカード組合の比較方法

ETCコーポレートカードの組合を比較する時に参考になるポイント(各手数料など)を紹介します。

組合加入出資金

ETCコーポレートカード事業の組合加入出資金は10,000円にしているところが多いです。そして組合脱退時に満額返金されます。

組合加入出資金が無い代わりに毎月500円~1,000円徴収する組合もあるようです(多分返金されない)

また、カード申し込み時点で支払うのか?利用した初月の請求に合算されるのか?は手間の問題です。前者はちょっと面倒。

カード発行手数料

ETCコーポレートカードを新規で発行する時にかかる費用。破損・紛失による再発行の時にもかかります。

ネクスコに直接申し込んだ場合の発行手数料は629円。

そこから更に上乗せして「1,000円以内」に設定している組合が多いなーという印象でした。

カード取扱手数料

毎年4月1日に徴収される手数料です。持っているカードの枚数に対してかかります。

ネクスコに直接申し込んだ場合の取扱手数料は629円。こちらも上乗せしている組合が割とあります。

保証金

ETCコーポレートカードはネクスコで申込みすると保証金が必要です。

カード発行後に利用する見込み額の3ヶ月~4ヶ月です。見込み額が10万円に満たない場合は最低金額の10万円になるようです。

「組合は保証金が要らない」というのが通説ですが、保証金が必要な組合もあります。分割払いに対応しているところもありました(ネクスコは一括払い)

それって組合の意味ないんじゃ…と思ったり思わなかったり。初期費用を安く発行したい人は保証金無しにしている組合を選ぶべきですね。

その他の手数料

その他、独自の手数料を設定している組合がありました。パンフレットや申し込み手続きに必要な書類の発行手数料かもしれません。

ETCコーポレートカード比較表

僕が比較した時は「気になる組合リスト.xls」を作っていました。サンプルとして下記のような表です。

組合名 発行手数料 取扱手数料 組合加入出資金 保証金 その他
A組合 非公開 非公開 10,000円 必要
B組合 1,000円 1,000円 10,000円 不要
C組合 629円 629円 非公開 非公開 新規不可
D組合 629円 629円 10,000円 不要 会費1,000円/月
E組合 非公開 非公開 10,000円 不要

組合はググると沢山出てきます。公式サイトに情報を全て公開している組合と、問合せしないと分からない項目がある組合がありますが。

幾つか問合せしました。発行手数料などを無料にしている組合はありませんでした。手数料は数百円の違いなので気にしなくても良いかもしれません。

「保証金」の有無が最重要項目ですが、月会費を徴収する組合や、対応が「ん?」と思うところは積極的にリストから消しても問題ないくらい組合の数はあります。

とても1日で調べ尽せる量じゃありません。

最初からおすすめされた「テイ・ネット」を即申し込みしとけよ!という話しでもあるんですが、自分で調べないと気が済まない性質なんです。

比較した結果は「組合出資金1万円、最低限の手数料、保証人なし、その他会費なし」のテイ・ネットが一番良い条件でしたが。

根気よく問い合わせを続ければ同等の組合があるかもしれません。

ETCコーポレートカード | ETC法人カードのご紹介
高速道路の利用が最大40%割引になる「ETCコーポレートカード」の会員を募集するサイトです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました