なになに期ってなーに?

子育て

子供の成長過程で「なぜなぜ期」は知ってたけど、その前に「なになに期」っていうのがあるそうですね。

喋るのが遅かった長男の時は気が付きませんでしたが、次男坊が今まさに「なになに期」。今回はその辺についてのお話しです。

喋るようになったら「これ何?」

なになに期とは、「これなに?これは?これはなに?これは?これは?」と見えるもの全ての名前を聞いてくること。個人差はあるが1才~2才頃。

もうすぐ2才になる絶賛なになに期の次男坊。家の中のものはあらかた覚えたのか、外に出ると「これはなに」と聞いてきます。

指を差さしながら「これはなに?」から始まって「これは?」「これは?」とエンドレス。一通り答えたら満足してくれます。ここまで聞かれたかな?やっぱり長男には無かったかも。

魔のイヤイヤ期と近い、または重なる次期なのであまり印象に残らないかもしれません。あれこれ聞いてくる程度は屁でもないですからね。

一つ一つ教えてあげるよう

色々なものに興味を出して名前を知りたがる。教えてあげるとボキャブラリーが増えるのでどんどん答えてあげましょう。

ゲームの攻略本みたいな説明ですが、子供にとっては人生のチュートリアルを見ているようなもの。疑問には全て答えてあげるのが生んだ親の務めですが、


時と場合によっては難しいですね。一体何を指差してるの。誰もいない場所に指を差して「あれはだれ?」なんてホラーな展開にならないだけマシでしょうか。

なぜなぜ期のリハーサル

「白いのがトラックだよ」「雨降ってるから傘をさして歩いているね」指を差している方向にあるものを答えてあげればいいと思います。

何度か繰り返しているうちに覚えますからね。覚えたものは多分聞いてきません。逆に誇らしげに教えてくれます「あれ、しろいでんしゃだ」とかね。教えてあげた甲斐があるってもんです。

次にやってくる「なぜなぜ期」はもっと厄介なので、質問する子供の受け答えの練習と思えば楽勝。

「パパは何であの人のこと見えないの?」なんて質問はきませんが、斜め上のなぜなぜがあって面白いですよ。


レッツエンジョイ育児。

コメント

タイトルとURLをコピーしました